投稿者「児童デイ草加」のアーカイブ

今週も楽しかったね♪ #療育

今週もらいおんハート草加では楽しい療育の時間を過ごす事ができました。

児発の大きいお友達は、表情カードと行動カードで「公園に行って楽しかった」などのお話を自分で作りました。

数字やひらがなのお勉強もしましたね♪

小さいお友達はバイクに乗って足の裏をしっかりつけて蹴ると前に進めました!

僕はブロックですごいの作ったよ!

放課後さんはハロィン一色!来週のハロィンが待ちきれない(^^♪

来週も元気に来てね♪

ピカピカなお皿✨

皆さんこんにちは!今日は朝から雨が降っていて、いつもより肌寒いですね(>_<)

今日のメニューは【ごはん・ポークチャップ・コールスローサラダ・オレンジ】です♪

今日は食べやすいメニューだったからか、みんな美味しそうに食べてくれました(*^-^*)

ピカピカなお皿がたくさんあり、とても嬉しいです( *´艸`)

それではまた月曜日(^^)ノシ

いつも以上に

皆さんこんにちは!今日は昨日と比べると若干肌寒い気がします(>_<)

体調管理には十分にお気を付けください。

今日のメニューは【さつま芋ごはん・鶏肉のコーンマヨネーズ焼き・チンゲン菜のごま塩昆布和え・みそ汁】です♪

混ぜご飯ではありましたが、みんな美味しそうに食べてくれました( *´艸`)

和え物もいつも以上に食べてくれた気がします(*^-^*)

明日のメニューはなにかな?お楽しみに~♪

それではまた明日(^^)ノシ

すき焼きの「すき」の意味

皆さんこんにちは!日差しは出ていますが、風が強いせいか暖かいのか肌寒いのかよくわからないですね(^^;

今日のメニューは【ごはん・豚肉のすき焼き風煮物・小松菜のじゃこ和え・バナナ】です♪

すき焼きの歴史は古く、江戸時代にはもう食べられていたそうです。

江戸時代、鍋の代わりに農具の鋤(すき)を使って魚や豆腐を焼いて食べていました。これがすき焼きのもととなり、現在の形に姿を変えていったのだそう。そのため、すき焼きの「すき」は農具の鋤(すき)のことだとされているそうです。

その他にも、すき焼きに使う肉は薄く切るため「剥身(すきみ)」から「剥き焼き」と名付けられたといった説もあります。

すき焼きの「すき」には二つの意味が込められていたんですね(^.^)

それではまた明日(^^)ノシ

健康診断 #療育

一雨ごとに気温が下がるどころか、季節は急に冬のようですね!ダウンの上着を着ている方も見かけました。体調に気を付けて下さいね。

らいおんハート草加では、毎月、嘱託医による健康診断を行っています。

優しいDr.にみんな安心しています。

急ぎ足で過ぎ去る秋ですが、今日はどんぐりでけん玉を作りました。

紙コップに絵を描いて

どんぐりを一つ選んで、テープで付けます。

「おれ、長いのにする~」「これ、大きいね」「小さいのもあるよ」

大きい小さい、長いなど、自然と言葉に出てきます。

色々なものに触れて言葉を獲得していこうね♪

今週も元気に頑張るぞ♪ エイエイオー!

 

 

学生が大好きな

皆さんこんにちは!今日は雲で覆われているせいか、一段と寒いですね(>_<)

今日のメニューは【鶏きのこごはん・サバのみそ煮・大学芋・すまし汁】です♪

大学芋の名前の由来はかなりストレートで、大正から昭和ごろ、「東京の学生街で売り出し、大学生が好んでよく食べたため」という理由だそうです。

おやつとしても人気の高い一品ですので、是非ご賞味ください(^^♪

それではまた明日(^^)ノシ

こっちまで

皆さんこんにちは!一気に気温が下がり、体調を崩しやすくなっています。十分にお気を付けください。

今日のメニューは【ごはん・豆カレー・きゅうりとささみのごまサラダ・フルーツミックス】です♪

みんな大好きカレー♪みんな美味しそうに食べてくれました(^^♪

こうも美味しそうに食べてくれると、こっちまでお腹が空いてきます(笑)

明日もお楽しみに~♪

それではまた明日(^^)ノシ

今週も元気に♪#療育

今週も元気に活動しました!

まずは児発の活動。ハロウィンの準備を進めていますが、他にもいろいろしています。

お箸の練習を一工夫。100均で買ったハンガーネットのマスにフェルトボールを入れていきます。

4面それぞれに座り、対決しました。男の子たち、勝負が大好きでした(;^ω^)

大人気だったのは ワニワニパニック!

卵パックに緑の折り紙を丸めて、子どもたちと作りました。

「折り紙下さい」「ありがとう」「できない。一緒にやって」言葉でのやり取りをしたり、手指を使いました。

ワニの役の人、ピコピコハンマーの人、順番を守って楽しく遊べました!ブラボー!

 

こちらは、ジャンケンすごろく大会。「先生が出したグーに勝つのは何だ⁈」「パー!」

みんなでパーをだしたら、シールを3つ貼って進みます。ジャンケンを覚えたり指先を使ったりしました。

そして、放課後さん。

ハロウィンマント作りも熱が入っています。本番が楽しみです♪

宿題も頑張っています(^-^)

来週も元気に来てね♪

 

 

みんな大好きから揚げ♪

皆さんこんにちは!10月も折り返し地点ですね(^^;

早いですねぇ・・・

今日のメニューは【ごはん・鶏のから揚げ・チンゲン菜とちくわサラダ・みそ汁】です♪

から揚げだからか、みんなの食べるペースがいつもより早く感じました(笑)

みんなから揚げが好きなんですね( *´艸`)

来週の給食もお楽しみに~♪

それではまた月曜日(^^)ノシ

マカロニとは

皆さんこんにちは!昨日まで続いてた雨もすっかり晴れ、今日は少し汗ばむ日になりましたね(^^;

今日のメニューは【ハヤシライス・マカロニサラダ・オレンジ】です♪

マカロニは、イタリア料理で使われる麺類であるパスタのひとつで、語源はイタリア語のマッケローネ(Maccherone)の複数形マッケローニ(Maccheroni)からきてるそうです。

今日的用語ではマカロニはパスタの一部ですが、中世のイタリア南部では長らく、“マッケローニ”という言葉は、ロングもショートも穴開きも穴無しも含めた、パスタ全般を意味していたそうです。

俗説ではマルコ・ポーロが中国から持ち帰った小麦粉を練った食べ物を教皇に献上した際、あまりの味の良さに「おお、すばらしい(Ma Caroni)」といったことが命名の由来とされていますが、マルコ・ポーロが帰国したのが1295年で、その前の1279年にジェノヴァの公証人が作成した財産目録に「マカロニ一杯の箱」とあり、名称の由来ともども中国から持ち帰ったとする説もあるそうです。

イタリアの語源辞典では大麦のお粥のようなものからとしていますが、『食文化百科』では「小麦などを練る」の「マッカーレ」から派生した「マッコ」を語源にしているともいわれています。

はっきりとした事情は不明ですが、少なくとも14~15世紀のイタリアでは、小麦粉を練って成形、茹でて料理したものの総称として「マカロニ」の語が使用されていたそうです。

今日のように穴の開いたパスタを表わす語となったのは、17世紀以後とされています。

歴史ある食べ物なんですね(*^-^*)

それではまた明日(^^)ノシ