精進料理づくし

皆さんこんにちは!今日は雲が多く、少し肌寒いですね。

4月に入った今も、インフルエンザB型が流行しているみたいです。体調管理には十分に気を付けましょう。

今日のメニューは【ごはん・擬製豆腐・小松菜のごま和え・けんちん汁】です♪

擬製豆腐は、一般的に豆腐以外の材料を混ぜて豆腐のような形に仕上げること、あるいは豆腐を原料としながら卵焼きのような別の料理に見せることから「擬製」という字を当てるとされていますが、人名に由来するという説もあり、起源や成立時期の不明な料理ではあります。中国などにも類似の料理が存在することから外来の調理法である可能性も高いですが、現在では日本の精進料理の一つとして数えられています。

崩して水気を切った豆腐に、ゴボウ、ニンジン、シイタケなどの野菜や卵(今回のには使用していません)、つなぎの粉などを加えて調味し、型に入れてオーブンで焼く、あるいは蒸して固めることで作られます。油で揚げはしませんが、調理の方法や発想はがんもどきに近いです。
特に菜食にこだわらない場合はひき肉などを加えることもあります。卵と砂糖のみで甘く調味しデザートとして用いる例もあります。

老若男女を問わず食べやすく、栄養のバランスに優れることから、給食や弁当の素材としてよく用いられますが、その反面、調理に手間がかかる割には見栄えがせず、食卓のメインとなる人気料理でもないため、家庭で作られることはあまり多くない料理ではあります。

その為か、手を出す子と全く手を出さない子と半々に分かれました(^_^;

確かに、あまり食欲が湧かない見た目ではありますが・・・食べてみると意外と美味しいのですが(>_<)

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA