意外とスゴイやつ?

皆さんこんにちは!まだまだ猛暑日が続くみたいですね(^_^;

夏の時期は暑いのは仕方ないにしても、ここまで暑いのは望んでないのですが(T_T)

今日のメニューは【ごはん・肉豆腐・白菜とほうれん草の磯和え・みそ汁】です♪

ほうれん草は、ビタミンA葉酸が豊富なことで知られており、ルテインというカロテノイドも多く含みます。

元々素材の味が濃く、強い青味を含むため、おひたし、胡麻和え、バター炒め、オムレツなど様々な形で調理されます。調理するとかさが3/4程度に減ります。

ほうれん草は緑黄色野菜の中では鉄分が多い方であるが、小松菜よりは少ないのです。ただし葉酸は鉄分の吸収を促進するため、葉酸が鉄分と共に豊富なほうれん草を食べれば、他の「鉄分は豊富だが葉酸がほうれん草より豊富でない緑黄色野菜」を食べた場合よりも実際に摂取出来る鉄分が多くなるので、ほうれん草を食べる事が効率のよい鉄分摂取に繋がり、ひいては貧血予防に繋がる事は確かです
ほうれん草にはシュウ酸が多く含まれており、度を越えて多量に摂取し続けた場合、カルシウムの吸収を阻害したり、シュウ酸が体内でカルシウムと結合し腎臓や尿路にシュウ酸カルシウムの結石を引き起こすことがあります。

シュウ酸はカルシウムとの結合性を有するので、削り節や牛乳などカルシウムを多く含む食品と同時に摂取することで、シュウ酸を難溶解性のシュウ酸カルシウムとしてカルシウムと結合させ、シュウ酸が体内に吸収されにくくすることができます。

またシュウ酸は水溶性であるため、多量の水で茹でこぼすことでシュウ酸を茹で汁中に溶出させるなど、生食を避け調理法を工夫する事が要されます。

だから、残さず食べようね?(笑)

それではまた月曜日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA