『コールスロー』の語源

皆さんこんにちは!皆さんのところは台風の被害は大丈夫でしょうか?

河川の堤防が決壊して、甚大な被害があった地区もあると聞きます。

行方不明者のご無事を祈るばかりです。

今日のメニューは【ごはん・ポークチャップ・コールスローサラダ・オニオンスープ】です♪

皆さんは『コールスロー』の語源の由来をご存知ですか?

コールスローの歴史は長く、古代ローマの時代から食べられてきたと考えられています。しかし近代的なコールスローの人気が高まったのは18世紀になり瓶詰めのマヨネーズが発明されてからだそうです。
英語の「コールスロー (coleslaw)」という名前は18世紀ごろにオランダ語の “koolsalade”(キャベツサラダ)を短縮した「コールスラ (koolsla)」から生まれたものですが、1860年ごろまでのアメリカ合衆国とイギリスでは誤って “cold slaw”(冷たいスロー)と呼ばれており、ホットスローという温サラダが作られることもあったそうです。
英語の “cole” には本来ラテン語から派生したキャベツの意味があり、これはまたオランダ語 kool の語源ともなっています。その後 “cole” の意味が復活して英語でも coleslaw と呼ばれるようになりました。

今ではこの “slaw” の部分が独立してひとつの単語のように扱われることも多く、キャベツ以外の野菜を用いた「コール」スローでない別のスロー(ブロッコリースローなど)も知られています。

なるほど、元はキャベツサラダっていう意味だったんですね(笑)

リンゴやレーズンだけ食べて、肝心のキャベツを残す子がほとんどでした(>_<)

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA