なじみ深い魚

皆さんこんにちは!今日もあまりスッキリとしない空模様ですね(^-^;

いつまで続くのでしょう?

今日のメニューは【ごはん・サバの塩焼き・キャベツとほうれん草の磯和え・みそ汁】です♪

サバは古くから日本人になじみの深い食用魚で、縄文時代の遺跡である青森県の三内丸山遺跡でブリなどとともにサバの骨が出土したそうです。「サバ」の名称は古く、一説には、小さい歯が多いことから「小(さ)歯(ば)」の意であるそうです。

平安時代には中男作物(地方産物を納めさせる税)として貢納され、またサバ売りの行商が行われていたなどという記録があるそうです。

古くからなじみ深い魚であるおかげか、子ども達も美味しそうに食べていました(^^♪

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA