歴史あるサラダ

皆さんこんにちは!今日もスッキリしない空模様で、なんだかイヤになっちゃいますね(T_T)

今日のメニューは【ハヤシライス・コールスローサラダ・バナナ】です♪

コールスロー(英: coleslaw、蘭: koolslaは、細かく切ったキャベツを使ったサラダの一種であり、にんじんが入っていることも多い。ほかにも赤キャベツを使ったものや、パイナップルやリンゴなど果物が入っているものなどがあります。(今回はレーズンとりんごが入って)

コールスローのドレッシングにはかつてはサラダ油と酢あるいはヴィネグレットが使われましたが、現在では、地域によって差はあるものの、ほとんどの場合マヨネーズ(あるいはその代替品)が使われています。マスタードやセロリの種などさまざまな香辛料が使われることもあります。

食べる数時間前にキャベツをドレッシングと和え、味をなじませることが多いです。

コールスローの歴史は長く、おそらくは古代ローマの時代から食べられてきたと考えられています。しかし近代的なコールスローの人気が高まったのは18世紀になり瓶詰めのマヨネーズが発明されてからだそうです。

英語の「コールスロー (coleslaw)」という名前は18世紀ごろにオランダ語の “koolsalade”(キャベツサラダ)を短縮した「コールスラ (koolsla)」から生まれたものですが、1860年ごろまでのアメリカ合衆国とイギリスでは誤って “cold slaw”(冷たいスロー)と呼ばれており、ホットスローという温サラダが作られることもあったそうです。

英語の “cole” には本来ラテン語から派生したキャベツの意味があり、これはまたオランダ語 kool の語源ともなっています。その後 “cole” の意味が復活して英語でも coleslaw と呼ばれるようになりました。

今ではこの “slaw” の部分が独立してひとつの単語のように扱われることも多く、キャベツ以外の野菜を用いた「コール」スローでない別のスロー(ブロッコリースローなど)も知られています。

なんとも歴史のあるサラダだったんですね(*^-^*)

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA