語源と栄養

皆さんこんにちは!今日は雨は降っていませんが、いつ降り出してもおかしくない空模様ですね(^-^;

もうすぐ7月も終わるというのに(>_<)

今日のメニューは【ごはん・鶏じゃが・ピーマンのツナ和え・みそ汁】です♪

ピーマンの語源はフランス語の「ピマン」で、「とうがらし」という意昧です。

トマトなどと同じくナス科の仲間であるピーマンは、そのトマトの4倍にもなるたっぷりのビタミンCを含む健康野菜です。

ビタミンCの含有量は野菜の中でトップクラスです!
免疫力を高めるカロテンも多く、風邪などのウイルスを撃退する作用があるので積極的に食べたい野菜です。

ピーマンには緑・赤・黄色の3種類がありますが、緑と赤は同じもので、未熟なものが緑色で、完熟すると赤色に変わります。
黄ピーマンはまた別の品種です。

苦手な子も多いですが、この機会にぜひ♪

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA