意外と歴史が浅い?

皆さんこんにちは!今日も清々しいほどの青空が広がっていますね(*^-^*)

今日のメニューは【コーンごはん・肉じゃが・春雨サラダ・りんご】です♪

春雨は中国に古くから存在し、西暦1000年頃には春雨が食されていたそうです。

日本に春雨が伝わったのは鎌倉時代とされ、禅僧が日本に春雨を伝えたのに始まり、精進料理として利用されていたそうです。

しかし当時は「春雨」と呼ばれておらず、中国由来の麺という意味で「唐麺」などと呼ばれていたそうです。

「春雨」という名称で呼ばれるようになったのは、じつは昭和時代だと言われています。

白くて細い麺が春の静かな雨をイメージさせるとして、「春雨」という日本固有の名前がつけられたそうです。

「春雨」という名称がつけられたのはつい最近だったんですね(*^-^*)

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA