ブロッコリーとカリフラワーの違い

皆さんこんにちは!今日は朝から冷たい雨が降っており、ようやく11月らしい寒さになってきたなという感じです。

もう25日ですけどね(笑)

今日のメニューは【豚丼・カリフラワーとコーンのサラダ・みそ汁】です♪

カリフラワーとブロッコリーって、見た目が似ていて色だけ違いますが、実は違いは色だけではないんです!

ブロッコリーとカリフラワーはいずれも花が密集して頭状花を形成するキャベツの変種ですが、カリフラワーは蕾が一つの塊のように堅く結びついているのに対して、ブロッコリーは結球がカリフラワーほど密集しておらず、伸びた茎の先端に密集した蕾を作るそうです。

また、カリフラワーは花蕾が一箇所に集中した形状が白雪を連想させる美しさを醸成するため、ブロッコリーよりも珍重されたそうです。

色といえば、日本では白のカリフラワーがお馴染みですが、世界にはオレンジ色や紫色などの花蕾を付ける品種もあるそうですよ(^-^;

一度見てみたいですね。

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA