穴の理由

皆さんこんにちは!昨日は11月中旬並みの気温だったらしいですね(^-^;

どうりでポカポカ陽気なワケだ・・・

今日のメニューは【さつま芋ごはん・鶏肉の照り焼き・れんこんのきんぴら・りんご】です♪

れんこんと言えば、無数の穴が特徴的ですよね(個体差はありますが、大小合わせて10個程度だそうです)。

日本では「先を見通す」ことに通じて縁起が良いとされ、お正月のおせち料理などにも用いられています。

では、なぜ穴が開いているのでしょうか?

れんこんは、「蓮田(はすだ)」という泥沼の中で育ちますが、酸素を取り入れるために水上の葉とつながっており、穴を通して酸素を取り込んでいるのです。

つまり、れんこんの穴は、れんこんが呼吸をするために開いているのです!

空気を送る葉柄にも、切ると断面に複数の穴があるそうですよ(^^♪

なるほど、あの穴は呼吸をするためにあったんですね。

勉強になりました(^_^)

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA