うどんのルーツ

皆さんこんにちは!昨日の雨とは打って変わって、今日は晴れましたね(^_^)

今日のメニューは【鶏南蛮うどん・かぼちゃのサラダ・バナナ】です♪

うどんのルーツに関しては諸説あり、ワンタンに相当する中国語は「餛飩(コントン)」と書き、またこれを「餫飩(ウントン、コントン)」とも書き、これが同じ読み方の「温飩(ウントン)」という表記になり、これが「饂飩(ウドン)」となったとする説や、中国から渡来した切り麦が日本で独自に進化したものであるという説など様々あるそうです。

いずれにしろ、今の形として全国に普及したのは江戸時代前期と言われています。

な、なるほど・・・(^-^;

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA