「梨」の語源

皆さんこんにちは!今日は空一面に雲が広がっていて、なんだか肌寒いですね(>_<)

今日のメニューは【豚丼・ほうれん草とえのきたけのお浸し・梨】です♪

秋の味覚としても有名な梨。

梨の語源には諸説あり、

・江戸時代の学者新井白石は中心部ほど酸味が強いことから「中酸(なす)」が転じたもの
・果肉が白いことから「中白(なかしろ)」あるいは「色なし」
・風があると実らないため「風なし」
「甘し(あまし)」
「性白実(ねしろみ)」
漢語の「梨子(らいし)」の転じたもの

また、梨という名前は「無し」に通じることからこれを嫌って、家の庭に植えることを避けたり、「ありのみ(有りの実)」という呼称が用いられることがあるそうです

一方で「無し」という意味を用いて、盗難に遭わぬよう家の建材に梨を用いて「何も無し」鬼門の方角に梨を植えることで「鬼門無し」などと、縁起の良さを願う利用法も存在するそうです。

まん丸よりもお尻が平らでどっしりしている方がおいしいとされていますので、ぜひご賞味あれ♪

それではまた明日(^^)ノシ