活動紹介☆

こんにちわ。徐々に涼しい日も増え、秋本番が近づいてきました🍂

気温の変化が激しい季節ですが、皆さんお元気にお過ごしですか?

今日はお家でも簡単にできる療育を紹介したいと思います。

今日紹介する療育は、『お花を咲かせよう』です🌹🌺

らいおんではお花と、それを貼る台紙を使っていますが、ご家庭ではシールで遊んでみて下さい☆

この活動では、

①自分の目で見えない部分への意識を高める

②ボディパーツ(身体部位)への認識を深める

③ボディイメージ(身体イメージ)アップ

などの効果があります。

 

見えない部分の意識はとても大切なことです。

部位の名前を覚えながら、自分の体の動きを練習できます。

スプーンを上手に口元に持っていけない子、コップの中身をよくこぼしてしまう子、思った通りに

体を動かすのが苦手な子・・・。ぜひおうちでも一緒に遊んでみて下さい🌼

 

やり方

①シールを体中の色々なところにぺたぺた貼ります。お顔や、背中、足の裏など目で確認するのが

難しいところにも貼って下さい。シールを台紙からはがす指先の運動も、

とてもいい微細運動になります。一緒にぺたぺた張り合いっこするのも楽しいかもしれません

ね。(シールを台紙からはがす時は、人差し指と親指ではがせるようになると👍)

②それを子どもに1枚1枚はがしてもらいます。

はがす時に、『うでについてるよ』『おでこー』『ほっぺー』『おなかだよ』など

部位の名前を言いながら、ヒントを出してみて下さい。背中など難しい場所は、『背中だよー』と

言いながら背中をこすって、その部位が意識できるようにしてあげて下さい。

③シールを貼る指先の運動も加えると、さらに👍

体からはがしたシールを、台紙や紙に貼って下さい。その時も人差し指と親指を上手に使えるよう

声をかけて下さいね。枠などを作り、その枠の中に貼れると体(指先と目)

を上手に動かす練習にもなります。

 

徐々にステップアップして、部位の名前を少し難しくしたり(ひじ、ひざ、右腕、左足など)

なかなか手の届きづらい場所に貼ったり、お顔などはヒントを出さずに貼られている感覚(触覚)

だけではがせるように練習したり。小さい子から、中学生・高校生まで楽しめる遊びです。

 

 

ぜひおうちでも、遊んでみて下さい🌟

 

おうちでもできる療育を、これからも紹介していきたいと思います!次回の更新をお楽しみに❕

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA