個別訓練☆彡

こんにちは!らいおんハート児童デイ草加です。

本日は個別訓練の様子を紹介したいと思います。

今回は微細運動に関するアプローチを紹介いたします。

写真のお子さんは「プットイン」課題を行っています。

この課題では「物の形態の理解」「色の理解」「口頭指示理解」「ルールの理解」などを総合的にみながら何が、どこまでできるのかを知り広げることを目的に行っています。

「赤色いれて」や「この箱の中に入れることができるかな」などの声掛けで同じ作業でも、違った視点から子どもの様子を見ることができます。

後片付けが苦手な子も、片づけを遊びに変換してあげると難なく出来ることがあります。

このお子さんはつまみ動作や動物と食べ物を分ける課題を行っています。

これも「物の形態の理解」「口頭指示理解」「ルールの理解」が含まれた課題です。発話はなかなかみられない子には、動物の鳴きまねを一緒にしています。

出来ないことを無理にするのではなく、どうしたら面白くなるのか・楽しくなるのかと発想の転換をする事が遊びリテーションの良い所だと思っています。

是非ご自宅でも声掛けに注目して関わってみて下さい。また、違ったお子様の様子を見ることができるかもしれません。

 

それではまた次回の更新をお楽しみに!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA