みんな大好き(?)クラムチャウダー

皆さんこんにちは!ここのところまとまった雨が降らず、空気が乾燥しています。空気が乾燥していると、怖いのが火事です(/_;)

火の元には十分にお気を付けください。

 

今日のメニューは【ごはん・クラムチャウダー・さけのコーンマヨネーズ焼き・野菜炒め】です♪

ところで皆さんは、「クラムチャウダー」が何処の料理かって知っていますか?

実は、アメリカ発祥の料理なのです!

クラム(英: clam)は、英語で「二枚貝」という意味。

チャウダー(英:chowder)は、英語で食事を意味する俗語「チャウ “chow”」が元になったとする説や、ボストン近辺に漂着したフランス人漁師の発案といわれ、フランス語で大鍋を意味する「ショーディエール “chaudière”」が元になったとする説があります。

そして、地方によっては牛乳をベースとした白いクリームスープだったり、トマトを使った赤いトマトスープだったりと異なるのです。

一つの料理でも、発祥とか調べるのも面白いものですよ(^^♪

それではまた明日(^^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA