純和風な献立

皆さんこんにちは!天気はいい天気ではありますが、体感温度は低く感じるみたいですね(^^;

今日のメニューは【じゃこまぜごはん・焼きがんもどき・ほうれん草と油揚げのお浸し・なめこのみそ汁】です♪

本来がんもどきは、揚げて作るのですが、今回は焼いて作ってみました(^^♪

名前の由来については諸説ありますが、最も知られているのは雁の肉に味を似せたとされることから「がんもどき」だという説だと言われています。他にも鳥類の肉のすり身を鶏卵大に丸めて煮たり蒸したりする料理「丸(がん)」に似せて作ったという説や、がんもどきの中にきくらげではなく安物の昆布で代用したら丸めた形の表面に糸昆布が現れてその様子が雁が飛んでいるかのように見えたからという説などが存在します。

聞き慣れないかと思いますが、がんもどきを飛竜頭(ひりゅうず、ひりうず、ひろうす、ひりょうず)と呼ぶこともあります。こちらの語源はポルトガルのフィリョース(filhós、小麦粉と卵を混ぜ合わせて油で揚げたお菓子)であるといわれています。

中にひじきが入っているせいか、手を出した子は少なかったです(^^;

結構美味しいと思うんだけどな・・・(>_<)

それではまた明日(^^)ノシ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA